税理士渡辺達夫事務所

年末調整の仕方

税理士ブログ

2017/12/04 年末調整の仕方

年末調整で税金が戻る理由

サラリーマンの方は、毎月の給料や賞与から所得税が天引き(源泉徴収)され、12月の年末調整で

所得税の精算が行われます。毎月の給料から源泉徴収される所得税は概算なので、会社が一年間の

正しい税額と源泉徴収した税額との差額を年末に調整してくれるのです。

年末調整をすると、多くの人に所得税が戻ってきます。なぜ所得税が戻ってくるかというと、生命保険料控除・

地震保険料控除・住宅ローン控除といった、月々の源泉徴収には反映されていないものがあるからです。

 

年末調整の対象となる人

年末調整を受ける人は、会社に「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人です。ただし、一年間に

支払われた給料と賞与の合計額が2000万円を超える人は年末調整の対象となりませんので、その人は確定申告

をします。年末調整は、12月最後の給料か賞与で行われます。

 

年末調整に必要な書類

保険料控除申告書・・・生命保険料控除(控除証明書)

地震保険料控除(控除証明書)

社会保険料控除(給料や賞与から天引きされたもの以外に負担した社会保険料がある場合)

(国民年金保険料を申告する時に控除証明書を提供)

小規模企業共済等掛金控除(控除証明書)

配偶者特別控除申告書

 

住宅借入金等特別控除申告書(証明書)・・・住宅ローン控除(適用2年目以降)(借入金の年末残高等証明書)

 

確定申告をしなければ受けられない控除

医療費控除

寄付金控除

雑損控除

住宅ローン控除(初年度は確定申告・2年目以降は年末調整)

 

税理士渡辺達夫事務所
電話番号 047-486-5886
住所 〒276-0042
千葉県八千代市ゆりのき台4-9-1TKビル2F
営業時間 9:00〜17:00
定休日 土・日・祝

TOP